<< 興味を満たすアレ | TOP | 訓示はある日突然に >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

果報。忘れた頃に。

Amazon.co.jp "FLY / Seagull Screaming Kiss her, Kiss Her"



1ヶ月以上更新が無いままなので世間では死んだことになっていないか心配な僕SO-1です。

さて先日大雨で帰るのを躊躇ったまま後輩ん家乗り込んでダラダラ喋ってた会話の中にたまたま出てきた音楽の話題をば。
今はなき国産バンド・シーガルスクリーミングキスハーキスハー。
このブログ上でも何度か取り上げた日暮愛葉がやっていたバンド。
それが9年ほど前に出した「FLY」というタイトルのミニアルバム。
(このアルバム僕の中では今でもキラーチューン。)
体言止め。


今日は曲がどうこうだと言いたいわけではありませぬ。
わらくしが当時これを買ったときに驚かされました。
のはその帯に書かれたあおり文句なのであります。

日暮愛葉が突如“自分はヨーコ・オノの生まれ変わり”と覚醒、前世の記憶を頼りに書き上げた、亡き夫(ジョン)に捧ぐ一枚。

以上原文ママ。
ヨーコ・オノを勝手に殺していました。
ツッコミどころはいろいろあるんだろうけど、はてさて何をまずどうツッコんでいいものやら。
ついでに裏に書かれた解説にはこう書いてある。


〜日暮愛葉と言えば今回のジャケットでも披露している、彼女のオリジナルギターテクニック『8フィンガーハンマリング奏法』が有名。その超高速プレイは、指の筋肉の限界を超えており、一日に2度以上この技を使うと死ぬ。死ぬ。だが、このテクで、倒すものは倒してきたというから驚きだ。


2回も死ぬって書くくらいだからよっぽどなんだろうなと思いきや、


しかも、この技は、本作“FLY”では一切使われていない


このミニアルバムを手にした当時、私若干19歳。
岡山のタワーレコード店内にていろいろな意味で愕然として立ち尽くした。

世界平和って何かしら?
人類の進歩と協調って何かしら?
ボクに明日は来るかしら?


そんなこんなで今日の私の人格形成はこの1枚あってこそだと思うわけ。
んじゃまた。
SO-1 * MUSIC * 03:14 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 03:14 * - * -

コメント

大変、興味深い話でした。
若き日のSO-1師匠がこのアルバムとの出会いによって、
今の師匠があると。。
ジャケットでもの”でも”はどこにかかってるのかは、
今の僕にはわかりません。慎んで修行に励みます。
というか、僕もそろそろブログを再開します。って、、宣伝かよッ!
Comment by moddy @ 2005/10/14 4:15 AM
そうです。
この作品が無かったら今のボクは有り得無かった。

「でも」はマジレスすると「ライブでおなじみの」ってことかと。

弟子よ、ブログ再開楽しみにしておるぜ。
Comment by SO-1 @ 2005/10/14 4:25 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ