<< 訓示はある日突然に | TOP | シャア専用ホワイトバンドは赤い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

Te Veux Ou Tu Veux Pas ?



レーベル「L'APPAREIL-PHOTO」の梶野彰一さんが紹介してたので嬉しくなって買ってきました。
セルジュ・ゲンスブールDVD2本組!

セルジュ・ゲンスブールは作曲家・歌手(脚本家・監督・役者・小説家etc…などの顔を持つ)フレンチポップス界の偉い人。
知らない人もジェーン・バーキンの旦那で『無造作紳士』の作曲者と言えばなんとなくわかるかよ。
何を隠そうぼかぁ大好きなんです。
この人の曲もな無愛想なキャラも。

このDVDのリリース、かつてフレンチバカだった自分としてはかなりの鼻血もの。
だって動く・唄うセルジュが4時間以上見られるんでっせ。
今日はあまりに興奮してるからみんながついて行けないようなことばっか書くから心して読むように。

これまで映像でお目にかかれたのは映画かジェーン・バーキンとのデュエットを録ったビデオくらいでありました。
がしかし、今作はセルジュの50年代からの80年代後半にかけての貴重な映像だらけ。
もうこれは2005年最高のDVD決定。
おすぎです!
梶野さんのインタビューページにこんなことが書いてあった。
Q.いつごろのゲンスブールがカッコいいと思います??梶野:黄金期は音楽的には70年前後ですけど、人間的にはそれ以降だと思うんです。過激な発言もあったり、これ以降、退廃の美学があると思います。ファッションもかっこいい。


そう!その通り!おっしゃる通り!
40過ぎてビジュアル的には白髪まじりでヤサグれてきたセルジュはかっちょいいです。
がしかし、それ以前の映像に見る価値がないかと言えば否。

■ 小芝居しながら唄うセルジュ。
■ 唄うときにタバコを手放さないセルジュ。
■ インタビュー後半にあからさまに不機嫌になるセルジュ。
■ フランス・ギャルと「アニーとボンボン」をデュエットするセルジュ。
 (意味がわからない人は調べてみよう。赤面するよ。)
■ モデルを舐めるように品定めするセルジュ。

このDVDには他にもいろいろなセルジュ・ゲンスブールがてんこ盛り。
とりあえず1巻目をチラ見しただけだけど、もうおなか痛いおなか痛い!
帰ったらじっくり観なおしてみます。



ついでに映画「スタン・ザ・フラッシャー」もDVDでリリースしてくれないものか。
SO-1 * MUSIC * 13:58 * comments(4) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:58 * - * -

コメント

うは!こんなんあったんやー。
Comment by MKC@SNP @ 2005/10/29 6:01 PM
最近出たばっかです。
フレンチバカとおっさん好きは買いやね。買い。
Comment by SO-1 @ 2005/10/31 9:39 AM
ああ、久々お邪魔したらステキ情報!
ありがとうございます。
早速注文してしまいました・・・
1970-89のジャケに悶絶。
Comment by @ 2005/11/10 2:46 PM
まさに綾さんにチェックしてもらいたかったエントリーです。
待ち遠しいでしょうが必ず満足できる内容となっておりますのでどうぞお楽しみに。

ジャケ写なかなかいいですよね。
Comment by SO-1 @ 2005/11/11 2:22 AM
コメントする









トラックバック

モモ猫のぶらりぶらり

ぶらぶらしてて来ました(=゚ω゚)ノ

From ぶらぶら散歩中♪ @ 2005/10/28 2:01 PM
このページの先頭へ