<< 夏こそカレー、冬こそオカルト | TOP | うん国政 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

もんたんといっしょ

第56回 NHK紅白歌合戦



紅白司会がみのもんた。
だがしかし今年の紅白を観ることはないだろう。
なぜなら去年も一昨年もそのまた前年も見ていなかったからだ。

番組自体に興味のない俺様ではあるが、そもそもここに来てもんたが紅白司会に抜擢されたのは何故か?
そんな些細な疑問が俺の脳を圧迫する。
今更ながらもんたのパブリックイメージはいかなるものなのだろうか?

俺的にはどう考えても善人に見えない。
キャラ(と顔)の濃さを例えるなら背脂ギトギトのラーメンを連想させる。
プロレスで言えばヒール(悪役)に相当しまいか?
「おもいっきりテレビ」でもんたを一目見ようと群がるババアたちは蝶野や天山に群がる格闘ファンということになる。

悪役?

そこで気づいた。
これはここ数年の民放の大晦日格闘技番組に対する挑戦状なのだと。
歌番組にヒールレスラーを紛れ込ませて視聴率を挽回しようというNHKの巧妙な策なのだと。
国民的歌番組さえ格闘番組にすげ替えてしまう恐ろしい陰謀!

然るに民放各局は来る大晦日のためそれぞれ下記のようにヒール司会者を配して備えるべし。

・日テレ  大竹まこと
・TBS  泉ピン子
・フジ  中尾彬
・テレ朝  土田晃之
・テレ東  乱一世
SO-1 * NEWS * 03:24 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 03:24 * - * -

コメント

朝ズバッ!にはまる今日このごろ。
Comment by 体育部長 @ 2005/11/23 8:12 PM
朝から「ワールドプロレスリング」見てるようなもんですね。
Comment by SO-1 @ 2005/11/24 6:09 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ